クレジットカード現金化を悪用されたケース

クレジットカード現金化を行う際には、優良業者を選ぶことがとても大切です。

 

現金化を行う業者の中には、詐欺行為を行うためのカモを探している犯罪集団も存在します。

 

そうした業者に引っ掛かってしまうと、クリーンな現金化ができないだけでなく、後から何倍も大きな被害にあってしまうリスクが高くなるので気を付けなければいけません。

 

クレジットカード現金化の手続きにおいては、身分証明書とクレジットカードの情報が必要となります。

ネットの業者では、これらはスマホなどで撮影したものをアップロードするわけですが、クレジットカードはカードの番号と使用期限、そしてカードの裏面に記載されているセキュリティコードの3つの情報が揃えば、ネットショッピングなどで誰でも使用できてしまうという怖さがあります。

 

悪徳業者の被害にあってしまうと、全く身に覚えがない支払の請求がクレジットカード会社から送られてきたり、購入してもいない電子マネーにチャージされているなどの被害が多いようです。

 

クレジットカード現金化を行う際には、くれぐれもクレジットカードの情報は必要な部分以外は業者にも教えないように心がけるとともに、メールなどで後から「クレジットカード番号の再確認」として聞いてくることはあり得ないという点は覚えておきたいです。

コメントを残す