月別アーカイブ: 2018年5月

クレジットカード現金化における優良企業の見つけ方

クレジットカード現金化をする際には、できるだけ多くの人が利用して満足している優良業者を見つけることがとても大切です。

悪徳業者や詐欺まがいの業者を何回もリピートして利用する人はいないので、リピート率が高い業者を選ぶという方法も、優良業者の選び方では大きなポイントとなるでしょう。

 

優良業者の見つけ方はいろいろありますが、まずクレジットカード現金化に関して初めての人にも分かりやすく手続きの方法やかかる手数料などについて親切に説明してくれる業者を選びたいものです。

 

公式ホームページがあるのなら、そこで丁寧かつ分かりやすく説明している業者を選べば安心です。

 

チェックするポイントとしては、手続きの際に本人確認をきちんと行っているかどうか、かかる手数料が明瞭になっているかどうか、また現金化を行う業者としての操業年数はどのぐらいかという点も忘れずにチェックしたいものです。

また、一般的には現金化の際には返済方法は一括払いのみが多いのですが、場合によっては現金化の業者が分割払いを提供してくれることもあります。

この場合には、必要以上に手数料がかからないかどうかという点も確認すると良いでしょう。

できるだけ明朗会計をしてくれる現金化の業者なら、安心して利用できるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化を悪用されたケース

クレジットカード現金化を行う際には、優良業者を選ぶことがとても大切です。

 

現金化を行う業者の中には、詐欺行為を行うためのカモを探している犯罪集団も存在します。

 

そうした業者に引っ掛かってしまうと、クリーンな現金化ができないだけでなく、後から何倍も大きな被害にあってしまうリスクが高くなるので気を付けなければいけません。

 

クレジットカード現金化の手続きにおいては、身分証明書とクレジットカードの情報が必要となります。

ネットの業者では、これらはスマホなどで撮影したものをアップロードするわけですが、クレジットカードはカードの番号と使用期限、そしてカードの裏面に記載されているセキュリティコードの3つの情報が揃えば、ネットショッピングなどで誰でも使用できてしまうという怖さがあります。

 

悪徳業者の被害にあってしまうと、全く身に覚えがない支払の請求がクレジットカード会社から送られてきたり、購入してもいない電子マネーにチャージされているなどの被害が多いようです。

 

クレジットカード現金化を行う際には、くれぐれもクレジットカードの情報は必要な部分以外は業者にも教えないように心がけるとともに、メールなどで後から「クレジットカード番号の再確認」として聞いてくることはあり得ないという点は覚えておきたいです。

クレジットカード現金化業者が摘発されることがある

カード会社からは利用規約の中で禁止となっているクレジットカード現金化ですが、法律に触れる違法行為かどうかと言えば、グレーゾーンで決して違法というわけではありません。

ただし、クレジットカード会社からは禁止されているので、行う必要がないのならあえて行うことは控えたほうが良いかもしれません。

 

クレジットカード現金化では、できるだけ優良な業者を選ぶことが自分自身のクレジットカードをこれからも使い続けるためには必要ですが、業者の中には摘発されてしまう所があるということはご存知ですか?

 

現金化をしているために摘発されたというわけではなく、その営業方法に問題があったために摘発されたというケースが多いのですが、こうした業者を利用している人にとっては、クレジットカード会社に現金化がバレるキッカケになるリスクはあります。

 

そのために、業者選びはとても重要なのです。

 

避けたほうが良い現金化業者の見分け方にはいろいろな方法があります。

 

例えば、公式ホームページで現金化についてあまり詳しく説明をしておらず、ただ換金率が高いことしか唄っていない業者は避けたほうが良いですし、未成年でも現金化してくれる業者もやめましょう。

また、身分証明書など本人確認をしない業者もかなり怪しいと考えることができるので、利用しないほうが良いでしょう。

還元率が高いクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化業者を選ぶのなら、複数の優良業者を比較しながらできるだけ還元率が高い所を選びたいものです。

その際には、公式ホームページでうたわれている表面的な還元率だけを比較するのではなく、様々な手数料を差し引いた最終的な入金振込額を比較した上で、実質的な還元率が高い業者を選びましょう。

 

口コミやレビューで人気が高く、リピーターを多く抱えている業者の中には、他社よりも1%でも高く還元することをモットーとしていたり、他社の方が還元率が高い場合には交渉して高くしてもらえる所もあります。

 

もちろん、還元率が95%以上となると、いくつかの条件をクリアする必要はありますが手数料を全て差し引いた実質的な還元率が高いことは魅力的ですね。

 

現金化の金額にかかわらず還元率が一律になっている業者も人気があります。

 

現金化の金額やかかる日数など、条件を考えずにいつでも同じ還元率が適用されるということは、頻繁に利用する人にとっては大きな安心感につながるのではないでしょうか。

 

ちなみにそうした業者の中には、クレジットカード現金化以外にもギフト券の現金化などフレキシブルに幅広くも対応していることもあり、高い人気となっています。

キャンペーンが魅力的なクレジットカード現金化業者

クレジットカード現金化の優良業者の中には、キャンペーンを開催していて、その期間を上手く利用すればお得に現金化ができるサービスを展開しています。

現金化のキャンペーンは業者ごとに多種多様ですが、例えば現金化を利用すると現金をプレゼントしてくれるとか、期間中なら還元率を1%高くしてくれるなどがあります。

 

例えば、人気が高い業者や、土日や祝日でも対応可能な業者などの多くは、クレジットカード現金化する金額に応じて還元率が異なるというシステムになっています。

 

キャンペーンを利用することによって、例えば従来なら30万円以上の現金化で還元率87%だったものを、ラインを少し下げて20万円以上の現金化で87%の還元率をゲットできたりするのでお得ですね。

 

また、キャンペーンの中には、女性の利用者なら還元率が少しプラスになったり、一定金額以上の現金化で還元率が優遇されるというものもあります。

こうしたキャンペーンは、期間限定のものもあれば随時というものもあるため、利用の際にはぜひチェックしてから申し込みたいものです。

こうしたキャンペーン中における還元率のアップは、かかる手数料が節約できるというメリットがあるので、お得に借りられることにもつながるでしょう。

手数料が無料の業者があるって本当?

クレジットカード現金化を行っている優良業者は、手数料を全て差し引いた最終的な入金額によって還元率を計算しています。

そのため、利用する側にとってはだいたい手数料がどのぐらい差し引かれるのかを予測しやすく、後からトラブルになりにくいというメリットがありますし、なんといっても利用しやすいです。

手数料が無料の業者はいくつかありますが、その中でも実績と知名度で選ぶという人は多いですね。

知名度が高く利用者が多い所だと、還元率は見た目は90%前後でそれほど高いという印象がないことが多いのですが、手数料などを全て差し引いた実質還元率ならクレジットカード現金化においてはかなり高い還元率と言えます。

しかも、それ以上に手数料がかかることがないという点は、大きな安心感につながります。

ちなみに、現金化にかかる時間が短い所も人気がありますね。

 

キャンペーンがたくさん展開されている業者も人気が高いですね。

キャンペーンは業者ごとに多種多様ですが、キャンペーンを上手く利用することによって還元率をアップできるというメリットが期待できます。

もともとの還元率はネット業者の中ではそれほど高いわけではなくても、キャンペーンを上手く利用することと、他に手数料がいっさいかからないことを考慮すれば、決して悪くはない業者はお得です。

それでいて審査時間が短いとくれば、要チェックではないでしょうか。

クレジットカード現金化を利用する際に知っておきたいこと

クレジットカード現金化は、コツを覚えればとても便利な現金入手方法で、カードローンやキャッシングのサービスを新規に申し込むよりも短時間で現金を入手することができます。

 

しかし、初心者は業者選びの際に失敗することが多いと言われているのも事実。

どんな点を心得ておけば、初心者でも失敗することなく現金化業者を選べるのでしょうか?

 

まず1つ目は、本人確認の書類です。

ネットのみで対応する場合、身分証明書をスマホで撮影したものと、本人の顔写真を同じスマホで撮影したものを本人確認の書類として送ることになります。

 

これは必ず行わなければいけない手続きなので、もしもこの手続きを行わない業者の場合には、怪しいので避けたほうが無難です。

 

2つ目には、換金率と手数料について理解しておくという点です。

 

ホームページなどで換金率が99%とうたっていても、誰でも絶対に99%の還元率が適用されるわけではありません。

現金化する金額に上限がついていたり、クレジットカード現金化するまでに時間がかかるなど、いろいろな条件が設けられていることが多いものです。

 

その点はあらかじめしっかりと確認した上で、実質的な還元率がどのぐらいなのかをチェックすることをおすすめします。