クレジットカード現金化で情報流出?

クレジットカード現金化についてはさまざまなリスクが報告されています。

もっとも多いのが「悪質業者と相手にショッピング枠での決済を行ったのにキャッシュバック(現金化)されない」ケースです。

しかしこれは悪質な業者の出口の中でももっとも極端なパターンで、実際にはより巧妙な形で被害にあるケースがよく見られます。

とくに注意したいのは、利用者が気づかないうちに被害にあってしまっているケースです。

クレジットカード現金化を利用する際にはさまざまな個人情報を業者に提供する形になります。

悪質業者の中にはこの顧客情報をあちこちに売り渡してしまうケースもあるのです。

もともとクレジットカード現金化新宿を行う方は日ごろからお金に困っている人が多いため、その情報を闇金業者に流してしまうこともあります。

その結果クレジットカード現金化を行った直後から、金融業者と名乗るところからメールや電話での勧誘がたくさんくるようになったり、身に覚えのない架空請求が執拗に送られてきたりといった面倒なことが起こるようになってしまうことがあります。

お金を搾取されるといった大きな被害ではありませんが、安易にクレジットカード現金化のサービスを利用してしまうと「わたしはお金に困っています」という情報を広い範囲に暴露してしまうようなことになりかねず、その後いろいろと面倒な事態に巻き込まれやすくなるので注意が必要なのです。