地域は難しい

地域によってクレジットカード現金化の利用が難しくなる?

クレジットカード現金化サービスを利用するにあたって、地域差はあるか気になっている人もいるでしょう。結論から言うと、地域差は若干あります。クレジットカード現金化業者の店舗を見てみると、やはり都市部にお店が集中していることがわかります。首都圏や近畿圏は東京や大阪といった大きな都市を中心に、クレジットカード現金化の店舗がたくさんあります。それと比べると、そのほかの地域はお店がないことはないですが、その数は少ない傾向にあります。

地域によっては、なかなか近くにクレジットカード現金化のお店がないという人もいるでしょう。その場合は、無店舗型のクレジットカード現金化を利用しましょう。無店舗型のクレジットカード現金化とは、ネットで申し込めるサービスです。ネットで手続きが完了するので、どの地域在住でも問題なく利用できます。24時間いつでも受け付けているので、仕事が忙しいなどで店舗の営業中に来店できない人でも安心して申し込めます。ですから、都市部でも地方部でも、サービス利用にあたっては大きく利便性で差があるとは言えません。

クレジットカード現金化をしようと思っている方の中には、数種類のクレジットカードを持っている方もいると思います。その中で、地方銀行が発行するクレジットカードを使って現金化しようと思っていませんか?もしそう思っている人は、別のカードがあればそちらを利用するのがおすすめです。というのも、ほかのクレジットカードと比較して、地方銀行の発行するカードは利用停止の危険性が高いからです。クレジットカード現金化はカード会社の多くで、利用規約違反に該当する行為です。ですから発覚次第、利用停止になります。

地方銀行は地域に根差したサービスを実施しています。このため、都市銀行や信販会社の発行するクレジットカードと比較して、発行枚数は少ないです。数が少ない分、現金化した際に発覚する危険性が高いのです。なぜなら、地方銀行のクレジットカードは、集中的にユーザーの使用状況を監視できるからです。クレジットカード現金化業者の中には、地方銀行のカードは断られることもあります。

自分で行う際も地方銀行のカードは注意が必要です。自分で商品を購入して、すぐに買取業者に売却する方式です。特にギフト券や高級ブランド品などは換金しやすい商品といわれています。これを短期間に頻繁に購入したり、大量に買い求めていたりすると怪しまれるので、くれぐれも注意しましょう。

コメントを残す