月別アーカイブ: 2020年1月

クレジットカードの現金化に最低限必要なものとは

クレジットカードの現金化には、いくつか必要なものがあります。

ですので、カードのショッピング枠を現金化したい場合は、事前に必要なものを揃えておくとスムーズに進みます。

これから利用する人はこれを押さえて

最低限用意するもの
クレジットカードの現金化において、最低限必要なものは、ショッピング枠が空いているクレジットカードと、本人確認書類だけです。

非常にシンプルですが、最低限これらがそろっていれば、現金化は可能です。

カードの現金化を利用する人が、今でも一定数いるのは、面倒な審査がなく、最低限の書類だけで、スピーディーに現金が手に入るからという側面も大きいです。

現金化において、クレジットカードが必要なのは当然なのですが、免許証などの本人確認書類も必要になります。

なぜなら、こういった書類が無いと、拾ったり盗んだりした他人のカードも簡単に現金化できてしまうことになるからです。

ですので、配偶者や家族など、親しい間柄であっても、他人名義のカードは現金化できないと考えておいて良いでしょう。

むしろ、カードの現金化にあたって、本人確認書類の提示を求められない業者はちょっと注意したほうが良いです。

何らかの形で、カードの本人名義を確認をしないのであれば、危ない業者である可能性があります。

カード現金化に使える本人確認書類としては、免許証の他に保険証やパスポート、マイナンバーカード、年金手帳などがあげられます。

いずれも公的機関が発行している信頼できる確認書類ですので、こういったものを事前に準備しておけば良いでしょう。

カードのセキュリティ情報は教えてはいけない

ちなみに、カードの現金化においてクレジットカードは当然必要になりますが、そのカードの情報を現金化業者に教える必要はありません。

この点は非常に重要なので注意する必要があります。

カード番号や有効期限、裏側のセキュリティコードといった情報は、クレジットカードの生命線ともいえる情報です。

こういった情報があれば、第三者が不正利用することも不可能ではありません。

ですので、現金化にあたって、こういった情報の提示を求められたとしても、その指示に従ってはいけません。

むしろ、そのような情報を求めてくる現金化業者は悪質な業者である可能性が非常に高いですので、そういった指示がされた時点で、すぐに手を引くほうが良いでしょう。

カードの現金化時にこういった情報を業者に伝えてしまった場合、不正利用される可能性が高いです。

すみやかにカード会社に連絡をして、何らかの対応をしてもらうべきでしょう。